便秘予防

朝食をしっかりとることが、便秘予防には大事らしいですよ!

夜中休んでいた内臓に食べ物を入れることで、胃や腸が活発に動き出すんだそうです。

朝食って大事なんですね。

ほかにも、消化しやすく残渣の少ない食物ばかりをとり続けていると、腸の粘膜が刺激されずに排便が起こりにくくなり、慢性便秘の原因になるそうです。

大腸壁を刺激して大蠕動を起こさせ、便通を正常に戻すためには、毎日18~20gほどの食物繊維質をとることが必要です。

食物繊維は、人間の体の中ではほとんど消化されず、消化管の中で水分を吸ってふくらみ、腸の蠕動を促進させます。

食物繊維が豊富な朝食をしっかりとって大腸の運動を促したり、食事のときに冷たい牛乳を飲んで便通を起こさせるなどの工夫が便秘予防には効果的です!

2014年3月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

このブログ記事について

このページは、プエンテが2013年7月 3日 11:45に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「たけのこの冷凍保存」です。

次のブログ記事は「数十年愛用しているオルビス化粧品」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ